サーバーとかぜんぜん詳しくないけどDOS攻撃とやらを調べてみた

最近良く聞く不正なアクセス。
不正なアクセスってなに?誰がやっているの?何のために?と常々疑問を持っていました。
そこで一つ言葉が出てきたのがDOS攻撃。
聞いたことはあるけど・・・・それってなんなの?

サービス妨害攻撃またはサービス不能攻撃などと呼ばれる、インターネット経由での不正アクセスの1つ。大量のデータや不正パケットを送りつけるなどの不正な攻撃を指す。

なるほど。Denial of Service Attackの略ですね。
この動画がわかりやすかったです。

簡単なものだとF5ボタンを連打するもの。これも攻撃の一つですが、不正かどうかは判断しづらいグレーな部分とのこと。
広告を見たくて何度もF5ボタンを~なんてのもこれに入ってしまうのでグレーですね。
というか私が無知なだけかもしれませんが、DOS攻撃のやりたかだったり、ツールの販売なんかがありました。そんなの売ってるんだ・・・・
専門家に誰がやっているの?って聞いたら様々で愉快犯だったりそのサイトになにかしらの敵意をもっている方がやっているそうです。これは日本に限らず海外からもあるそうです。
 

2014年には16歳の少年がゲームの運営にムカついてサーバーにDOS攻撃をしたそうです。いろいろと対策はあると思いますが、なかなか消えない問題ですね。そりゃ自分の力でゲームのサーバー落ちたらスカッとするでしょうね。
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。