2014年の音楽業界の市場規模は日本では3,100億円

ちょっと最近音楽業界が気になってみて調査してみたのです。
2014年の音楽業界の市場規模は日本では3,100億円とのことらしいです。いろんな数字があるので正確にはわかりませんが
経済産業省が出している下記が最も正確そうですね。
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/contents/downloadfiles/1401_genjoubunseki.pdf
僕も昔はバンドをやっていまして。
そのときの売れていくバンドってライブハウスにでて、チラシはって、チケってさばいて、動員増やして、自主制作のCD作って・・・
という流れでした。
それも10年以上前の話です。時代は変わり、ネットがずいぶんと影響力をもってきました。
その分CD売上が厳しくなったり、それまでのビジネスモデルでは効かなくなってきました。
いまではライブ動員がかなり上がっていますね。
大手レコード会社からメジャーデビュー、なんてのも少なくなりつつあります。
逆に言えばこのネット社会、一発が増えた可能性もありそうです。
私は音楽業界の人間ではないのでわからないんですが、少し聞いてみたいですね。
次回は音楽のサイト、webサービスをちょっとまとめてみたいです。
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。